歯科感染管理士検定について

〈歯科感染管理士〉とは

歯科の臨床現場における感染管理の知識と実践に優れ、患者及び医療従事者自身の健康・安全に貢献できる人材です。

一般社団法人日本感染管理検定協会(JIC)では、この様に歯科の臨床現場に不可欠な「感染管理知識」を有する人材を〈歯科感染管理士〉として認定することを目的とし、〈歯科感染管理士検定〉制度を発足させました。

〈歯科感染管理士検定〉実施要領
  • 年2回開催。
  • 申込後、受検票とテキスト(電子書籍)についてのご案内をお送りします。
  • 検定試験はオンラインにて実施いたします。顔認証システム(Testable)を採用するため、事前に正面撮影の顔写真の登録が必要となります。
  • 試験時間90分(できた方はその時点でオンラインから退出可)
    試験中のテキスト使用は許可されています。テキスト以外の書籍やネット上のサイトを見ることはできません。
  • 受検後、10日以内に合否通知をメール送付いたします。合格した場合の申請登録については、
    お送りする合格通知メールにて詳細をご案内します。
  • 検定試験実施後、試験の解説動画をを受検者限定で公開いたします。
  • 受検料 22,000円(1名様/税込) 
テキスト
〈歯科感染管理士検定〉実施スケジュール
2024年 第2回 5月19日(日)・第3回7月28日(日) 受検申込受付中
  • 詳細・お申込みについてはこちらのサイトをご覧ください。(https://peatix.com/group/14506304/events

    ・申込サイト(Peatix)は、初回アクセス時にログイン登録が必要となります。
    ・お一人ごとのお申込みとなります。医院から複数名で申し込まれる際も、お手数ですがお一人ずつのご入力・ご入金をお願いします。
    ・Peatixでのお申込みでは、クレジット支払・コンビニ/ATM支払・Paypal が使えます。

  • 2024年第3回以降のスケジュールは、決定次第ホームぺージ内で告知いたします。

お申し込みはこちら
〈歯科感染管理士検定〉合格者の認定登録、及び更新について
  • 合格者は「歯科感染管理士検定」として認定されます。「認定書カード」を発行し、郵送いたします。 認定書カード
  • 合格者のうち希望者には、「歯科感染管理士認定登録証」を発行いたします。(有償:4,400円/税込)
  • 「歯科感染管理士」の認定期間は2年となり、2年ごとに更新が必要です。

    合格から2年目の3月末、または9月末の近い方を認定期限とし、更新手続きを行って頂きます。
    更新に際して条件はありません。
    更新手数料 4,400円/税込

〈歯科感染管理士在籍認定証〉について
  • 「歯科感染管理士」が在籍する「施設」(医療機関)に対し、「歯科感染管理士在籍認定証」を発行することができます。(任意)こちらを院内に標榜することにより、感染管理対策に優れた施設であることが利用者へ伝わります。
  • 認定期間は2年となり、2年ごとに更新が必要です。
  • 認定費用

    初年度:29,700円/税込 (額装込み)
    更新時:11,000円/税込

    ※認定証には医院名および管理士のお名前が入ります。
    認定書カード